日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

ポルトガル旅行(12月26日モンサント)

リスボンからモンサントへ。

事前にredeでバスチケットを購入。バスの情報が手に入れられなくて困ったが、とりあえずはなんとか。

途中で、カステロ・ブランコに。

ここでバスを乗り換え。

もう一回乗り継いだまちで時間が1時間ほど空いたので、少し歩いてお店に。

ワインハーフと食事で8ユーロという破格なお店に。美味しかったです。

時間となって、またバスの乗り込みました。

ようやくそれらしきまちが遠くに見えてきました。

そして到着です。

水場に困るのか、まちの至るところに水場が。

この時期はどこでもしていましたが、教会の近くで切り株を燃やしていました。

ちょっとてくてくとまちを散策。

岩の家?岩にドアがついています。

岩が落ちてきたのかと錯覚をおこしますが、元々岩があったまわりに家が建てられており、家の中にも岩がせり出しているような感じです。

寒い季節だったので、路面が凍結しており、石畳の道が滑る滑る。

同じアジア系の家族は手をつないで横向きになってソロリそろり。

こちらは、レストラン。

少しお高めだったので写真だけ。

近くで放牧をして夕方には帰ってきたやぎたち。

村の中でお食事。

ここでもバカリャウはあります。しかも美味しかった。

ポルトガル旅行(12月25日リスボン)

【DAY2】

クリスマス!

ほぼ全ての公共施設が休み、お店もほとんどがクローズな中、ジェロニモ修道院へ。

ジェロニモはやはり休みでした。

で、はじめに向かったのが、エッグタルトの超有名店

Pasteis de Belem

aromaがエッグタルトでは1位だそうですが、なんといっても元祖。

さくさくだけど中はとろっとしていて、エッグタルトのイメージが変わりました。

それほど美味しい。

おなかを満たした後は、修道院横の教会に。

ミサの前に入りました。この教会がとても良かった!

光が差込み、暗い印象が全くない。しかも光が綺麗。

 

教会を見終えて、テージョ川へ。

有名な「発見のモニュメント」に行きましたが、メンテナンス中でした。先頭のエンリケ航海王からバスコ・ダ・ガマフランシスコ・ザビエルが並んでいるそうです。

「4月25日橋」の向こう側には、ブラジルのキリスト像を真似たクリスト・レイが立っている。110mもあるそうな。

世界遺産ベレンの塔

もちろん休館中ですw

水の上の浮かぶ要塞。美しかったです。

 

クリスマスらしく、サンタの帽子をかぶった集団があちこちにいたので、テージョ川からジェロニモに戻る途中で撮りました。

奇跡的にあいていたお店で食事。

他の店が開いていないので、大繁盛していました。

おかげで食事後の会計が遅かった。

どっこも開いていないクリスマスなので、開館しているところに行こうということになり、路線バスで水族館へ。トリップアドバイザーの投票で世界一に輝いた水族館で、大阪の海遊館を設計した人がこちらも設計しているそうなので、訪問しました。

教育的観点が強くゴミの問題などを学べるようになっている。

オリエント駅周辺はおしゃれな建物が多い。

こちらはオリエント駅。

ここから宿まで地下鉄でまちに戻りました。

まちを少しうろついてみようと思いバイロアルト地区をてくてくしていたら、何やら賑やかな店。知らずに行ったら美味しそうだったので、食べたらなんと今朝食べたPasteis de Belemを超える味・・・。後で調べたら、トリップアドバイザーリスボンの飲食店で1位でした。是非行ってください。Manteigaria 

これで2日目は終了。

明日はいよいよモンサントへ。

ポルトガル旅行(12月24日リスボン)

年末早めの休みを取得して12月23日の夜に大阪を出発してポルトガルに。

【DAY1】

関西空港を23日23時30分過ぎ出発

バイを経由して

リスボンに24日12時過ぎに到着。

 

結構時間があるので初日から遊べるかと思っていたのだが、入国審査に長〜い列。しかも入国審査官は昼休みで2人くらいしかいない、昼休みを過ぎても1人追加された程度。おかげで2時間も掛かりました。

 

リスボン空港から街まではメトロで30分程度。

まずは宿にチェックインしてからまちをみて回りました。

クリスマス・イブだけにお店は結構閉まってました。

 

こちらは有名なさくらんぼ酒ジンジーニャが飲めるお店。

昼間からたくさんの人がたむろしていました。

リスボンといえば、やっぱり路面電車です。

 

改装されたロシオ駅。馬の蹄のような入口がなんとも素適でした。

この日は、旅行疲れもあり、少し食事をして宿ですぐに寝ました。

家飯ログ(トマトソース鶏ムネパスタ、スープ)

今朝から頑張るかみさん。

先日の右京区のマルシェで購入した中村農園のトマトで。

かぶや白菜などのスープをミキサーで。

朝から幸せな料理でした。

 

神護寺の紅葉

1年ほどお休みしていたブログを久し振りに再開してみようかと。

まずは最近行ったところでも出すところからはじめてみます。

 

久し振りに高雄へ。

昨年はいまいちだったけど、今年の紅葉はとても綺麗だったなぁ。

走馬灯のように駆け巡ると例えられるが、

実際の走馬灯をはじめて見た。こちらは仏教大学さんの協力だそう。

金堂へ登る階段。

美しくってほれぼれしました。ここよくロケでも使われていてTVや映画でもおなじみですね。

読書録(僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。 2012)

カンブリア宮殿に出演したときの著者があまりにもミドリムシを愛しているということを繰り返し、村上龍が絶句する場面があり、変わった人やなァと思っていたけど、やってることはすごい。

人類を救う可能性があるミドリムシで栄養問題、燃料問題を解決しようという大きな目標を達成するため、猪突猛進してきた人だと思っていたが、迷いながら進んできたことが綴られており、経営者としての生々しさを感じられた。

今後、ユーグレナがどうなっていくか分からないが、是非とも成功して欲しいと感じた。

 

 

読書録(マーケット感覚を身につけよう ダイヤモンド社 2015)

 市場(マーケット)で世の中は動いている、時代の流れを適切に判断するには、これを肌感覚で身につける必要があるってこと。

 

なんだかんだ参考になることが多かったかな。