日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

ぐるりんこ京北

平成17年度から京都市に併合された旧京北町に行ってきた。

目的は、タイトルの京北を自転車でポタリングするイベントに参加するためである。

マウンテンバイクは、北アルプスアドベンチャー以来乗っていないし、ロードとなるといつから乗ってないのか…。
とまあ運動不足を解消するためにもゆるーいイベントで良かった。

常照皇寺のそばの市民農園で京北鍋(鹿肉)とゆでピーナツを堪能したのち、大根引きを体験させてもらった。
その後、井戸峠を登り、バイク乗り御用達の「かものせキャビン」でカレーを食べる。
かものせキャビン」は店内にいる先客のタバコの煙で真っ白なうえ、既に薪ストーブを焚いているので、かなりきつい状況だったので、外のテーブルで食べた。カレーはいたって普通。喫煙状況も含めてとても残念でした。

その後、たらたらと色んなところをめぐって最後は羽田酒造を見学して終了。
ここは、「初日の出」という銘柄が主力商品で、好適米として「祝」を使っている。
「祝」も蔵のそばで蔵人自ら作っているというなかなかのこだわりをもっている。
自転車なので残念ながら、試飲もできなかったので、「花降る里京北」と地ビールを購入した。

気楽なイベントだったけど、なんのミスもないよく作られたいいイベントだった。
実行委委員会の皆様お疲れ様でした。