日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

ステキな金縛り

ダメダメ弁護士のエミ(深津絵里)は法廷でも失敗続き、そんな中、変なボス(阿部寛)から最後のチャンスとしてもらった仕事は、妻を殺した嫌疑がかけられてる矢部五郎(カン)の弁護。
矢部五郎には、妻が亡くなった時間には、山奥の旅館「しかばね荘」で落武者更科六兵衛(西田敏行)に乗っかられて金縛りにあっていたというアリバイがあった。
アリバイを成立させるために、エミは更科六兵衛を法廷に呼ぼうとするドタバタ劇。

幽霊を見える人と見えない人がいる中で、それをどうみんなに理解してもらうか。
このあたりの工夫が面白いところだったと思う。

それなりに楽しめて、うまくしめたいい映画だったと思う。

そういえば、佐藤浩市は「マジックアワー」、篠原涼子は「有頂天ホテル」のときと同じ役柄?
という三谷幸喜作品を見ている人には分かるような連続性が仕込まれています。