日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

自転車とワインとオリエンテーリングと

昨年のとれとれのときに東海の友人と約束していたワイン会を開催した。

せっかく東海まで行くのなら何かのイベントをセットにしたい。ということで、日曜日はオリエンテーリング「昇竜杯」、土曜日のワイン会の前に自転車ツーリングを入れた。

土曜日の集合は、定光寺に10時。
10時に出発の予定だったようだが、到着を10時でいいと勘違いし、大学の自転車部の先輩を待たせてしまった。もう一人の東海の人(元関西人)も10時に到着。なんとも関西時間。きっちりが似合わない。

東海自然歩道と六甲山を思わせる岩稜に行った。
どちらも無理なく、きれいな道でとても楽しい道だった。
先輩曰く、「自転車は遊びの最高峰、とれとれはそのまた最高峰」。それだけ自転車を愛しているってことは素敵やなと思った。なんだか、やっぱりスキーよりも自転車のほうが好きだな〜と実感。

終了後、ダブルiphoneで検索した近くのコーヒー屋へ。
なんとコーヒーしかない。しかし、コーヒーを頼むとピスタチオとマフィンがついてきた。流石は名古屋圏だ。

ワイン会は、1964年もののワインまで登場するし、用意されている食事もうまうま。楽しい時間だった。早く落ちてしまったのは残念だった。でも寝ながらも、何かしら会話に反応していたようだ。全く記憶にない。

次の日は、スタート10時29分なので、9時過ぎに友人宅を出発し、会場である三河東ふるさと公園に到着。
久し振りのオリエンは、とりあえず最初がひどかった。ちゃんとコンパスも見ずになんとなくうろうろ。そりゃー見つからんよな。そのあと後半にかけて調子良くいけただけに残念だった。

ぎゅっとてんこもりな週末でした。