日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(にぎわいの場 富山グランドプラザ 2013 山下裕子)

学芸出版社が開催する出版記念講演の時間に大幅に遅れて参加したため、内容を補完する意味で購入した。

現場にいる人が様々な事例を紹介されているので、リアルに伝わってくる。学術的な分析は少ないが、実際に取り組まれている方の生の声として参考とさせていただきました。

著者の山下さん、講演会では元気いっぱいで話されており、とても魅力的な人だと感じた。最近は元気な女性が楽しいまちづくりをしています。

にぎわいの場 富山グランドプラザ: 稼働率100%の公共空間のつくり方