日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

Alden購入について

前々から気にはなりながら、手の届かなかった存在だった。

それは、自分にはまだ年齢的にはやいとかファッションセンスが追いついていないとか、もちろん金額的なものもあった。

でも購入すれば、これまでの手の届かない理由は、自分が買わないために作った理由のようにも思われる。結局は、「欲しい」と思った気持ちの盛り上がりを大切にしてとうとう購入に至りました!

 

履き心地

素晴らしいの一言!最大の購入要因といえる。外反母趾の人たちにも履いてもらいやすいように作られた

モディファイド・ラスト(Modified last) - 【靴の用語集】

なのだそうで、内反小指の自分には最適な靴型といえる。

ちなみに裏側はこんな感じ。

 

メンテナンス

オールデンのサイトによると、馬革の中での高いコードバンを使っているため、水に弱く、水に濡れると水ぶくれのようになることがあるようで、雨の日には十分に気をつける必要のありそうである。また、傷もつきやすいので、とかく気にかける必要がある。

帰ればブラッシングをして、月1回はクリームを少量足してあげると良い。年に1回は色を足してあげるほうが良いともアドバイスを受けた。ちないみに、靴を磨く際にときどき妻の使わなくなったタイツの切れ端で磨くこともあったのだが、どうも化学繊維なので靴を傷つける可能性があるので、やめるよう店員さんから助言をいただいた。

 

コードバンの高騰

馬革の取得が難しくなったこと、職人の数が減っていること、円安などの要因からコードバンの製品が年々高くなっている。店員さんによると法律か条約で自然死した馬からしか革を取ることができなくなったそうで、入手が難しくなっている状況があるのだそう。これが本当なら、ますます入手が困難になることは必死。早めに購入して良かった。