日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

ゴルフ事始め

先日、高校・大学の友人が京都に仕事に来たついでに飲みにいったところ、
ひょんなことからそのメンバーでゴルフをしようということに。

まだゴルフをしたことのない私は約束はしたものの、どーしよーかなと思った。
とりあえずは道具か・・・。

そういや、妻の父がゴルフ歴50年。
余っている道具もあるんではないかと妻から問い合わせてもらうと、やっぱり
ありました!これでとりあえず道具はなんとかなりそう。

お預かりするついでにレクチャーを受けて、打ちっぱなしに行ってきた。
三田にある打ちっぱなしは、緑に囲まれて、ひろーいので、なんだか気持ちの良い空間だった。

教えられたことは、
体軸を意識しながら、肩からスイングして、左で払うように打つ。
何度も修正してもらいながら、さっそく打ってみた。

上には上がらないけれど、真っ直ぐに飛んだ!
スライスするだろうと思っていたので、意外と上手くいったことに喜びを感じた。
この調子なら結構うまくいけるかも・・・。なんて思ったけど、そんな甘い考えは
そのあとに何度か続けるうちに打ち砕かれ、更にアイアン練習をするに至っては、
空振りはするわ、横に飛ばすはと散々な結果に・・・。

はじめから上手くいかない方が練習のしがいもあると前向きにとらえて、これから
3ヶ月でラウンドに出られるまでは腕をあげよう。

簡単にいかないのって面白い。
この感覚はテレマークスキーを始めたときと同じような難しさと克服しようという
気概を感じられたな。