日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(里山資本主義 藻谷浩介、NHK広島取材班 角川書店 2013)

 主にNHK取材班がまとめたもの。

田舎にいくと確かに野菜はただで手に入るし、物々交換や貨幣じゃない価値でやりとりされているところがある。そういった経済指標には現れていない価値を評価している。

また、ペレットボイラーの活用ヨーロッパにおけるCLT(クロス・ラミナ・ティンバー)の隆盛等について記載し、衰退著しい林業の可能性について記載がされている。

いまの資本主義を否定するのではなく、新たな生き方やエネルギー確保の多様性から可能性を述べられており、そのあたりは印象が良かった。

里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)