日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(人口18万人の街がなぜ美食世界一になれたのか 高城剛 祥伝社)

スペインバスク地方にあるサンセバスティアンをはじめに巻き起こる「ヌエバ・コッシーナ」とスペインがなぜ観光業で成功してきたのかを歴史的背景も踏まえて記載されている。

サン・セバスティアンに行く人には是非読んでもらいたい本です。最後には、おすすめのバルやレストランも地図と一緒に掲載されているので、旅と一緒に持ち歩いても良いと思いますよ。