日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(立花隆の書棚 立花隆 中央公論新社 2013)

立花隆が自分の持つ書棚を案内しながら、読んだ本を紹介するシリーズ。猫ビルとやらには壮大な数の本が置かれていることを写真とともに知り、ますますこの人は突き抜けた人だなと感じさせられる。前に読んだ「ぼくの血となり肉となった…」で出てきた本も多数出てきているので、購入するならどちらかだけで良いと思う。個人的な好みとしては後者のほうが、よくまとめられており好みだな。

 

立花隆の書棚

立花隆の書棚