日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎 新潮社 2014)

伊坂幸太郎の新刊が出たので、早速手にとって読んだが、あれあれ知ってる話だぞ・・。そう、いくつかの短編で使った首折り男を巡る話を集めたものなんですな。きちんと確認しなあきまへん。

この中では、元祖首折り男の黒澤がたちの悪いTVプロデューサーに騙され、仕返すところはよく考えたなと感心した。こういったどうしようもなく悪いやつを最後にぎゃふんと言わせる話は好きです。しかも短編だから展開が早いので、イライラの時間が長くなくて済むしね。

そして、最後の合コンの話で締め。おしぼりによる合図は一般的なのか知らないが、元恋人同士の掛け合いが可愛らしく、ラストは心温まる終わり方で、有川浩の影響でも少し受けたの?って思ってしまうが、これはこれでいい。

 

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲