日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

「オスカル!」な寿司屋さん

前々から近所で気になりながらも訪問できていなかったお店にようやく行ってきました。

「鮨いしばし」

南茨木駅から徒歩20分くらい東に歩く必要があります。この日は家から自転車で行ったので、家から15分で到着しました。

 

予約したのが1週間前だったので、20時の予約はとれず、21時の予約となりました。到着したときには、先客がカウンターに2名。どちらも医者の接待で利用されており、常連のようでした。ワイワイと大将と話をされており、なかなか楽しそうな雰囲気です。

 

熱々のお手拭きで手を拭いたあと、寿司を頂く前に少しだけつまみを頂きました。1品目は牡蠣。超肉厚であまり牡蠣を好きではない自分も美味しく感じられました。さっそく期待できるスタートです。

f:id:hokusetsuride:20140314211458j:plain

 

色々食べた後、寿司が始まりました。どの寿司もうまくてうまくてたまりません。

f:id:hokusetsuride:20140314224221j:plain

f:id:hokusetsuride:20140314225101j:plain

f:id:hokusetsuride:20140314231639j:plain

そして、一番のお気に入りは、松前寿司。お土産にも持って帰れるので、昼に食べに来たらお土産に持って帰ろうと思います。

f:id:hokusetsuride:20140314221827j:plain

そして締めは、こちらのお吸い物。もう何もいいへん。うますぎます。

f:id:hokusetsuride:20140314234922j:plain

 

料理はかなり美味しかったのですが、何よりも印象的だったのは、大将の話の面白さです。関西人のしゃべりを楽しみたかったら、旅行者にはとてもお薦めできます。そして、いま大将は宝塚にハマっているそうで、様々な宝塚の裏話と一緒に女優を演じ分けます。寿司を食べながら宝塚劇場も楽しめる変なお店でした。近々、また行こうと思います。