日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

幸福の日本料理

徳島の虎屋さんに訪問。年に数回だけの贅沢で訪問、いや嫁の可愛がられぶりからいうと里帰りに近いかも。

いつも夏の鮎やウナギ、秋の松茸を楽しみにしていたが、2年前から春に訪れてからは、めっきり春先の料理がイチオシになりました。

以下、文章よりも画像でお楽しみください。

 

1.あわびとやぶカンゾウ

f:id:hokusetsuride:20140321180023j:plain

2.上から右回りで、鯛の押寿司、ふきのとうの味噌田楽、穴子のごぼう巻き、菜の花の胡麻和え

f:id:hokusetsuride:20140321180648j:plain

3.あぶらめ、軽く炙った長芋、小松菜、木の芽

f:id:hokusetsuride:20140321181835j:plain

4.右から車海老、小松菜、鯛

f:id:hokusetsuride:20140321182955j:plain

5.真魚鰹の酒盗焼き、椎茸

f:id:hokusetsuride:20140321184510j:plain

6.若竹煮

f:id:hokusetsuride:20140321185512j:plain

7.猪肉照り焼き

f:id:hokusetsuride:20140321191238j:plain

8.はっさくゼリー

f:id:hokusetsuride:20140321193129j:plain

9.ヨモギ団子

f:id:hokusetsuride:20140321193620j:plain

10.抹茶

f:id:hokusetsuride:20140321193849j:plain