日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(ヒア・カムズ・ザ・サン 有川浩 新潮文庫 2013)

主人公は人のモノに触れると過去が見える特殊能力を持っているが、とても良く出来た人柄の編集者である。

パラレルワールドで二つの物語が描かれているが、1つ目の話が個人的には好きなストーリーだった。2つ目は恋人の父の出来ないっぷりが苛立たしい。綺麗にまとめているが、スッキリ感は1つ目の話だったなあ。

 

ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)

ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)