日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(沈む日本を愛せますか 文藝春秋 2014)

雑誌「 SWICH」での内田さんと高橋さんが自民党から民主党政権交代前からその後を言いたい放題話しているものをまとめたものである。

小沢一郎が自爆体質だとか、ナロードニキであるとか

鳩山由紀夫がこれまで秘匿されてきた政治上の秘密を色々暴露して、結局日本はアメリカに支配されていることを知らしめたとか、

まぁ、とにかく知識が豊富なだけでなく、発想が豊かだから、思わぬ方向へどんどんいく。インタビューをしている渋谷さんも大変だろうなと思いました。

同時に数冊を読んでいたのが、同時に終了したので、一気に読書録を作成しました。あと何冊かももうすぐ終わりそう。