日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

シチリアを地元で

昨日は、地元のシチリア料理「イルピスタッキオ」へ。

茨木市に開店するなり話題の人気店となり、あっという間に予約のとれないお店となってしまった。夜は3組で1回転なのでしょうがないが、最近は2~3カ月待ちが通常となっている。今回はたまたまブログに席のキャンセルが出たので、久し振りに行くことができた。

開店以来何度も行ったので少し間をあけてみようと思っていたのもあるが、料理の腕がさらにあがっていてビックリでした。ワインリストもかなり充実しているし、予約がとれなくなっているのも分かる気がしました。

デザートとエスプレッソもいただきましたが、写真を撮り忘れ。どの料理もシチリアを思い出させてもらえて懐かしくも楽しい食事でした。

 

1 うに

2 シラスのオリーブオイル漬け

3 マグロ

4 甘エビ

5 魚の甘酢漬け

6 海鮮盛り(ムール貝、アサリ、タコ、イカ)

7 エビのフリット

8 ○貝

9 マグロのカラスミたっぷりのスパゲッティ

10 カジキマグロ、エビ、タチウオのフリット

11 付け合せの人参野菜