日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(天使はモップを持って 近藤史恵 文春文庫 2003)

 ギャルの格好でビル清掃をするキリコが、会社内で起こる書類紛失事件やダイエット事件等の女性の世界の妬みや男性の馬鹿な一面から端を発する事件の謎を解いていく。そこに新人の大介が相談を持ちかけたりしているうちに好意を抱き・・・。

 

さらっとした話なので、すぐに読める。「サクリファイス」等のスポーツ系も良いが、この探偵系のシリーズもなかなか良かった。

天使はモップを持って (文春文庫)

天使はモップを持って (文春文庫)