日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

九州旅行3日目(バルーンフェスタ、武雄市)

今回の旅のメインイベント「バルーンフェスタ」です。

朝6時30分に到着予定で行ったのですが、超あまでした。3kmくらいの渋滞が全く動かず1時間以上待っている間にどんどんとバルーンが飛んで行ってしまいました。会場に着いたときには既に多くの車が駐車しており、会場まで徒歩で3km歩くか巡回バスをまたなくてはいけない状態でした。

バルーンは飛んでいったし、環境協力金で1000円払わされるんならもういいやということで駐車場前まで行きましたが、会場入りはしませんでした。ちなみに途中の道路沿いで個人で1日1000円で駐車場経営される方が多数出られるので、是非活用したほうが良いです。来年への反省材料にします。

佐賀駅でレンタカーを返して喫茶店でのお食事です。寒かったのでコーヒーが暖かくて嬉しかった。

佐賀駅から武雄温泉に向かう電車の途中にある「バルーンさが駅」を写真におさめました。電車もすごい人!

武雄温泉駅到着。風呂桶が回収箱でした。少しテンションがあがります。

観光案内所で情報を得てまずは、武雄市図書館へ。

内部は写真撮影が禁止されていますが、既に様々なところで写真があげられているので、そちらをご覧ください。素晴らしい空間です。巨大なスタバ空間があります。また、販売される本は多くが平積みなので、購買したいキモチになってしまいます。勉強もしやすそうだし、こんな図書館欲しいです。

近くにある大楠を見にいきました。国内7位の大楠だそうです。竹の道を抜けたところにどーんと構えています。や~でっかい!

ここから辰野金吾氏設計の楼門へ。

去年、同じく辰野氏が設計した東京駅の天井に12子のうち8子しかなく、残りの4子がこの武雄市の楼門にあることが分かりニュースとなったそうです。残念ながら拝観はできませんでしたが、遊び心があっていいですね。

元湯にはあつ湯とぬる湯があります。

あつすぎるという噂を聞いていましたが、確かに・・・。

でもせっかくなので、雰囲気のある元湯を選びました。

結果、全然熱湯でも大丈夫でした。地元人とええ湯を堪能できてよかった。とにかくええ湯だったので、湯上がりもしばらくはつるつるお肌を実感できました。

駅中にあるカイロ堂の駅弁を買って武雄市を後にしました。

ちなみにこの駅弁、九州駅弁グランプリを獲得するほどの絶品駅弁です。こないにうまい牛肉弁当ははじめてでした。

 

最後に博多でモツ鍋食べて帰りました。