日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

九州旅行2日目 呼子イカ、名護屋城、唐津くんち宵山

2日目は良く晴れた休日になりました。宿から歩いていける虹の松原と海岸。

ここから20分程度で昼までやっている呼子の朝市に参りました。

朝市に来る人用の駐車場が完備されているだけでなく、とても商売気がある人が多くて楽しい街並みです。きっと商店主とのやりとりが関西人は楽しい。

大阪から来たという家族に誘われ、イカの刺身をいただきました。透明でその場でさばいてくれるのですごく新鮮なものをいただけました。

イカの刺身を路上でたべる姿です。

漁場の近くにつきものの猫さんたち。

ここは大綱引きが名物らしく、きちんと展示されています。

クジラ漁で栄えた方の家です。いまは観光用に拝観料を払えば中を見せていただけるシステムになっています。

近くの名護屋城へ。

九州は韓国と近いこともあり、チェジュ島で流行したオルレを取り入れて、九州オルレを実施されています。ここ名護屋城にもいたるところにオルレ用のものがありました。

玄海原発もここから見えています。近いんですね。心配です。

佐賀県の博物館が無料で公開されています。素晴らしい文献の数々を無料で見られるとても素適なところです。寄付で成り立っているところもあるので、それなりの金額を寄付してきました。

名護屋城を後にして唐津くんちまで時間があるので、橋を渡って風の見える丘公園に。

唐津市内のneufさんに。クロックムッシュ風とてもうまかった。

こちらはフレンチトースト。