日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

八重山旅行記(石垣島)20150101

新年を石垣島で迎えました。

こちらは宿から比較的に近い、お寺に初詣に参りました。

石垣島でも初詣は神社というわけではなく、お寺もありという文化が伝わっていることに少し驚きながらの初詣です。1614年に建立された臨済宗の桃林寺です。

このお寺の隣には、権表堂。国の重要文化財に指定されています。

明和大津波の際に流されてしまったようですが、再建されたものの、太平洋戦争で大破。

戦後に再度再建され、いまに伝わるようです。

ここには像がいたり。

兎がいたりとユニークなところです。

その後、まちをテクテクしたときに発見したのですが、昔ながらのすまいを活用して開いた店がありました。京都なら町家として様々な活用が進んでいますが、石垣島ではあまり他所さんを受け入れないところがあり、あまり活用されていないんだとか。こうした昔ながらのすまいが市内のあちこちに空き家になっており、資源としての活用がされていないのが残念に思います。

正月の石垣島では、ランチをとるにもとても大変です。ようやく空いている店でランチをいただきました。まずはあけおめビール。

 

んで、こちらはタコライスです。

名物になっているコロッケ。

こちらのお店で気に入ったコースターがおとなりのお店と聞き、さっそく訪れましたが、残念ながらお休み。お店のドアに貼ってあるこのイラストが気に入り、絶対に行こうと決意しましたw

この後、近くのコトリーヌさんへ。

正月から開いている稀有な喫茶店です。

コーヒーや食事も美味しいだけでなく、我々が好きな本が大量においてあり、それだけで結構テンションが上がりました。本を物色していると、お店の店主がその様子を気に入ってくださり、石垣島のディープなことを話してくださったりして、4時間ほど会話をしながらいろんな本を読ませていただきました。