日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

八重山旅行記(石垣島)20150102

石垣島での正月2日目。

ゲストハウスに泊まっているため、今日も朝ごはんを求めにまちを闊歩しました。そしてようやくフェリーターミナルの前のマンゴーカフェが開いているのを発見し、ベーグルのごはんにありつけました。味もなかなかで良いところです。

そして、宿の方に教えていただき、一緒に車に乗せていただいて向かった先は、「石垣島闘牛大会」。毎年2日とお盆の時期に開催されているようで、昔は至るところで開催されていたそうです。

牛vs牛のなかなか迫力のある場面を見られます。

このときはまだ前座でしたので、盛り上がりはまだまだだったのと、一定時間をすぎると牛主同士が話し合い、引き分けとなるケースが続きました。

1戦が終わるごとにミュージック!

あくまでつなぎなので、次の牛の準備ができると一瞬で終わってしまい、演奏者も苦笑いでした。ちなみに石垣らしい音楽でもう少し長く聞きたいな思いました。

このあたりから本戦です。

闘牛士の本気度が違い、前座の若手よりも熟練者がどんどん出てきて、牛の闘争心をアオリます。掛け声はなんといっているのか分かりませんが、掛け声と同時に足を踏み鳴らしたり、ふともも?あたりを盛んに叩いたりされています。

こちら圧倒的な強さを見せた「乱気流白タビ」。

牛主たちも若く、勝利後の盛り上がり方も半端ではありません。

 

観戦を見守る牛主たち。

最終の取組の勝利牛には乗せてもらうこともできました。

とても温かい体温でした。

戦いを見たあとで申し訳ないのですが、一応石垣牛は食べておきたいので、地元の焼肉屋に行って食事をしました。値段や味を考えるとまぁまぁでしょうか。京都ならもっと安くて美味しい店はたくさんありますね。

その後、まちをぶらぶらして発見した884(はやし)。

店の造りからして、地元の人ではなく、外から来られたお店。その基準は、石垣島は狭い世界なので、お店に入っている姿を他の人に見られて、噂されるのを嫌うそうで、外から見えないような造りのところが多いそうです。こちらのお店はお~ぷんなので、内地の方と判断しました。

見込みどおり北海道→東京を経てこちらにお店を出された女性のお店でした。グランドピアノもあり、音楽のセンスも良いだけでなく、お食事の味やワインの品揃えもとても好み。また、女性店長がとても気さくで楽しい方なので、3時間ほど過ごしてしまいました。