日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(資本主義の終焉と歴史の危機 2014 水野和夫 集英社)

内田樹の本や様々な本を読んでいてグローバル資本主義にはどうも馴染めないとおもっている。結局は、大企業の都合の良いように各国が食い物にされて、国内での格差拡大が広がっていくだけ。先進国から後進国に富の移転はあるものの、結局は一部の富めるものをうみだしているのではないか。そんな疑問に答えてくれる。


資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)