日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

読書録(新.戦争論 池上彰 佐藤優 2014)

本屋に行くといつも新刊を出している二人が対談形式で世界と日本の政治について語る。

 
知らなかった世界情勢が見えてくる読みがいのある本でした。