日が昇るたびに僕は考える

日々読んでいる本の感想や日常の出来事から考えたことをつぶやいています。

まちライブラリー@茨木市

森ビルの礒井さんが提唱してはじめた取組。
本を持ち寄ってそこから交流を生み出すもの。
確かに友人の家にいくとはじめに本棚の本を見てその人を詳しく知ろうとする。興味関心がそこから如実に見えるのが本棚だと思う。

まちライブラリーは、個人の主体性を大事にして小さいコミュニティからコトを起こしていこうとする。おおきな組織になるとできないことが個人の思いで好きなことからはじめていく、その可能性を全国に広めていっている。根本にあるのは楽しめる場づくりなんだろうと思う。

ここ茨木市でもこの取組が広がっていくと思うとほんとワクワクします。

f:id:hokusetsuride:20150419201753j:plain